永代供養の費用

永代供養の費用

永代供養の費用は、これといった決まりや相場がありません。
基本的には寺院の宗教行為ですから、葬儀のお布施などと一緒で、寺院の考え方一つでいかようにもなるのです。

とはいえ、合祀であれば数万円。個別の供養を希望される方には数十万円といったところでしょうか。
また、ロッカー型の納骨檀であれば購入する場所によって金額設定も異なります。上段ほど高価で、下段ほど安価になっていくでしょう。

現代の永代供養の変遷

いまでこそ一般的なスタイルとなった永代供養ですが、ひと昔まえまではそれこそマイノリティでした。その変遷をたどってみましょう。

比叡山延暦寺大霊園
日本仏教の聖地である比叡山延暦寺の大霊園。1985年に延暦寺が開設した永代供養墓が、現在に至る永代供養ブームの先駆けだと言われています。 ここには一般墓地と、永代供養を前提とした久遠墓地とがあります。久遠墓地にも1人用、2人用、さらには石塔のボリュームもさまざまでその中から選ぶことができます。

一心寺の「骨ボトケ」
大阪市四天王寺の一心寺は、遺骨集めて仏像にすることで有名です。この習俗は明治20年から現代にいたるまで続いており、大阪市の無形民俗文化財にも指定されています。仏教崇拝と先祖供養があわさったこの供養の方法には全国各地からだけでなく海外からも納骨希望者がやって来るといいます。

巣鴨の「もやいの碑」
東京巣鴨にある功徳院東京別院にある「もやいの碑」が画期的なのは、ただの永代供養墓というだけでなく、生前に契約し、会員同士が生前に交流を深める取り組みを活性化させている点にあります。跡取りのいないという共通の問題を抱えた人同士の交流の場がお寺であることは現代にとってとても意義深いことではないでしょうか。

永代供養って何?

永代供養の運営ってどこ?

永代供養の費用っていくら?

永代供養で失敗しないポイント!