お布施とは

お布施とは

Q. お布施とはなんですか?何に対して支払うものなのですか?
A. お布施とは、法要の導師をつとめてくれる僧侶に対して、読経料や戒名料(戒名をつけてもらう料金)という意味で渡すお金です。 また、そのお寺のご本尊に対するお供えという考え方もあります。 読経をしてもらったり、戒名をつけてもらう限りは、お布施という形で直接お金を渡します。

スポンサードリンク

Q. お布施は絶対に渡さなければいけないのですか?
A. はい。お布施は法要を行なう限り、必ず渡さなければいけない感謝のお金です。 金額に相場はありますが、渡さないという選択はありません。 包める金額でいいので、感謝の気持ちを表すものとして必ずお布施は渡しましょう。
Q. お布施は手渡しでいいのですか?正しい渡し方を教えてください。
A. お布施を直接手渡してはいけません。 必ず、小さなお盆に乗せて渡すか、ふくさの上に乗せて渡します。 直接の手渡しはマナー違反なので気をつけましょう。
Q. お布施を渡す時の向きに決まりはあるのですか?
A. 僧侶から見た時に、お布施の文字が正位置になるのが正しい渡し方です。 お盆で渡す場合も、ふくさで渡す場合も、向きは同じです。 間違えないように気をつけましょう。
Q. お布施はいつ渡せばいいのですか?法要前に渡した方がいいですか?
A. 法要前に渡すのはNGです。 お布施は、読経が終了したらお礼の言葉を添えてお渡しします。 会食に僧侶が出席される場合は、会食後にお礼の言葉を添えてお渡しします。
Q. お布施を渡す時に挨拶などするのですか?
A. お布施を渡す時は、お礼の言葉を添えます。 特に決まりはありませんが「本日は、ありがとうございました。どうぞお納めくださいませ。」や「おかげさまで無事葬儀を執り行うことができました。ありがとうございました。」や「お礼です。どうぞお納めくださいませ。」などがふさわしいです。 形式にとらわれすぎず、気持ちを込めて伝えるようにしましょう。

スポンサードリンク

■よく見られるページ

お布施の相場
Q. 通夜や葬儀のお布施の相場を教えてください。A. 通夜や葬儀のお布施の相場には、かなり幅があります。 平均的には、2日間の場合、20万円前後です。 相場は、15万円~50万円となっており、戒名や法名の種類によってもかなり幅が出てきます。お布施の相場の詳細はこちら

お布施 49日法要
Q. 49日法要のお布施の相場はどれくらいですか?A. 49日法要のお布施の相場は、3万円〜5万円程度だと言われています。 しかし、お布施に関してはあくまでも目安なので、包める金額で無理しないようにしましょう。お布施 49日法要の詳細はこちら

浄土真宗の葬儀
Q. 浄土真宗とは、どんな宗派なのですか?A. 浄土真宗とは、親鸞が開いた浄土教の一派です。 親鸞は、浄土宗の開祖の法然の弟子です。阿弥陀仏の力で万人が救われるという他力本願な考え方です。国内では、寺院も信者も一番多いです。浄土真宗の葬儀の詳細はこちら

寺院葬儀のデメリット
お寺のやり方に合わせなければいけない寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。寺院葬儀のデメリットの詳細はこちら

スポンサードリンク