葬儀費用

葬儀費用

寺院葬儀とは

寺院葬儀とは 画像

寺院葬儀とは、お寺で行なう葬儀のことをいいます。菩提寺や昔からお世話になっているお寺、また同じ宗派の中のお寺に依頼して、本堂やお寺が指定する貸式場などで葬儀が行なわれます。寺院葬儀とはの詳細はこちら

葬儀会社の葬儀の違い

葬儀会社の葬儀の違い 画像

お寺が保有する式場にて寺院葬儀を行なう場合、葬儀会社の葬儀とよく似たスタイルになることもあります。そうしたことから、寺院葬儀と葬儀会社の葬儀との違いが分かりにくく感じられることがあるのです。基本的な違いは、寺院葬儀は家の宗派のお寺に依頼する葬儀で葬儀会社の葬儀は、葬儀会社に依頼する葬儀です。他にも違う点がいくつかあります。葬儀会社の葬儀の違いの詳細はこちら

寺院葬儀のメリット

寺院葬儀のメリット 画像

本堂には、もともと厳かな祭壇が用意されているので、最初から祭壇を用意する必要がなく、費用をかけずに厳粛な雰囲気の中、葬儀を行なえます。寺院葬儀のメリットの詳細はこちら

寺院葬儀のデメリット

寺院葬儀のデメリット 画像

寺院葬儀は、家の代々の宗派の菩提寺やお寺で行なうため、宗派が限定されます。家の代々の宗派の人がメインで行なわれる葬儀になります。寺院葬儀のデメリットの詳細はこちら

スポンサードリンク

お布施特集

お布施とは

お布施とは 画像

お布施とは、法要の導師をつとめてくれる僧侶に対して、読経料や戒名料(戒名をつけてもらう料金)という意味で渡すお金です。また、そのお寺のご本尊に対するお供えという考え方もあります。読経をしてもらったり、戒名をつけてもらう限りは、お布施という形で直接お金を渡します。お布施とはの詳細はこちら

お布施の書き方

お布施の書き方 画像

お布施の表書きは、薄墨ではありません。黒墨ではっきりと書きます。表書きは、「御布施」や「お布施」と書くのが一般的です。何も書かずに渡すこともあります。お布施の書き方の詳細はこちら

お布施の封筒

お布施の封筒 画像

お布施を包む封筒は、2種類あります。丁寧な形式は中包みと上包みがある奉書紙です。奉書紙とは、半紙でお札を包んでさらに中包みで包みます。さらに、上包みの奉書紙で包む形式です。もうひとつは白い封筒です。専用の白い封筒もありますが、普通に白い封筒でも大丈夫です。ただし、郵便番号欄が印刷されたものは不可です。表書きがすでに印刷されているものもありますので、お急ぎの時などに便利です。お布施の封筒の詳細はこちら

お布施の相場

お布施の相場 画像

通夜や葬儀のお布施の相場には、かなり幅があります。平均的には、2日間の場合、20万円前後です。相場は、15万円~50万円となっており、戒名や法名の種類によってもかなり幅が出てきます。通夜や葬儀のお布施の相場がわからない時は、葬儀社やお寺などに聞いてみましょう。葬儀社のスタッフに尋ねると、だいたいの金額は教えてくれます。お寺に聞く場合は、「みなさんどれくらいされてますか?」という尋ね方がベストです。お布施の相場の詳細はこちら

お布施の49日法要

お布施の49日法要 画像

49日法要は、故人が成仏して、あの世に渡る日と考えられています。迷わず成仏できるようにという祈りをこめて、法要が行なわれます。お布施の49日法要の詳細はこちら

お布施と納骨

お布施と納骨 画像

納骨法要や納骨式のお布施の相場は、だいたい1万円~5万円くらいと言われていますが、決まりはありません。包める金額で無理のないようにしましょう。お布施と納骨の詳細はこちら

お布施と一周忌

お布施と一周忌 画像

一周忌のお布施の相場は、だいたいお布施は3万円~5万円程度です。しかし、これも特に決まりはありませんので、包める金額を基準にしましょう。地域やお寺で相場が違うこともあるので、親戚やお寺などに尋ねてみるのもいいかもしれません。お布施と一周忌の詳細はこちら

お布施と法要

お布施と法要 画像

祥月命日の法要などのお布施の相場は、だいたい5千円~1万円程度が一般的です。しかし、これも決まりではありませんので、親戚などと相談した上で包める金額を渡すのがベストです。お布施と法要の詳細はこちら

お布施と新札

お布施と新札 画像

お布施もお香典と同様に古札です。お祝い事は新札(ピン札)で、お悔やみごとは古札だと覚えておきましょう。お布施と新札の詳細はこちら

スポンサードリンク

宗派別葬儀

曹洞宗の葬儀

曹洞宗の葬儀 画像

曹洞宗は、禅の教えを基にした禅宗の一派です。開祖は中国の禅宗第六祖慧能の法系の洞山良价です。大本山は福井の永平寺と、横浜の總持寺です。曹洞宗の葬儀についてはこちら

真言宗の葬儀

真言宗の葬儀 画像

曹洞宗は、禅の教えを基にした禅宗の一派です。開祖は中国の禅宗第六祖慧能の法系の洞山良价です。大本山は福井の永平寺と、横浜の總持寺です。真言宗の葬儀についてはこちら

天台宗の葬儀

天台宗の葬儀 画像

天台宗とは、法華経を経典とする宗派で、比叡山延暦寺が本山です。開祖は、最澄で平安時代から始まりました。天台宗の教えから、浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗、時宗などが生まれたとも言われています。天台宗の葬儀についてはこちら

浄土宗の葬儀

浄土宗の葬儀 画像

浄土宗とは、法然が開いた阿弥陀仏を本尊とする宗派です。念仏を唱えることで極楽浄土に渡れるという考え方で、本山は京都の知恩院(華頂山知恩教院大谷寺)になります。浄土宗の葬儀についてはこちら

臨済宗の葬儀

臨済宗の葬儀 画像

臨済宗は、鎌倉時代に明庵栄西が日本に伝えた禅宗のひとつです。浄土宗、浄土真宗の念仏を唱えて極楽浄土へ渡ることを他力として坐禅によって悟りを得ることは自力だという考えがもとになっています。鎌倉時代に武士の坐禅により広がりました。臨済宗の葬儀についてはこちら

日蓮宗の葬儀

日蓮宗の葬儀 画像

日蓮宗とは、鎌倉時代より日蓮が開いた宗派です。妙法蓮華経をお唱えし、南無妙法蓮華経の七文字は、仏様の声だという考え方の仏教です。日蓮宗の葬儀についてはこちら

浄土真宗の葬儀

浄土真宗の葬儀 画像

浄土真宗とは、親鸞が開いた浄土教の一派です。親鸞は、浄土宗の開祖の法然の弟子です。阿弥陀仏の力で万人が救われるという他力本願な考え方です。国内では、寺院も信者も一番多いです。浄土真宗の葬儀についてはこちら