曹洞宗の葬儀

曹洞宗の葬儀

Q. 曹洞宗とはどんな宗派ですか?
A. 曹洞宗は、禅の教えを基にした禅宗の一派です。
開祖は中国の禅宗第六祖慧能の法系の洞山良价です。大本山は福井の永平寺と、横浜の總持寺です。

スポンサードリンク

Q. 曹洞宗の葬儀は特徴があると聞きました。どんな特徴があるのですか?
A. 曹洞宗の葬儀は、戒名や戒法を授かるための「授戒」と悟りを開くために仏の道に導くための「引導」に重点を置いた葬儀なので、他の宗派の葬儀と少し流れが違います。
Q. 曹洞宗の葬儀の流れを教えてください。
A. 曹洞宗の葬儀の流れは次のとおりです。
  • 1. 僧侶が剃髪用のカミソリを持ち「剃髪の偈」をお唱えする「剃髪(ていはつ) 」の儀が行なわれます。
  • 2.「懺悔文(さんげもん) 」「三帰戒文(さんきかいもん) 」「三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)」「十重禁戒(じゅうじゅうきんかい) 」「血脈授与 」の順で「授戒 」の儀が行なわれます。
  • 3. 「大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)」「回向文」をお唱えする 「入棺諷経(にゅうかんふぎん)」の儀が行なわれます。 この時に焼香をします。
  • 4. 「十仏名(じゅうぶつみょう)」「回向文」をお唱えする「龕前念誦(がんぜんねんじゅ) 」の儀が行なわれます。
  • 5. 「大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)」をお唱えする「挙龕念誦(こがんねんじゅ)」が行なわれます。この時に、太鼓やハツを鳴らす「鼓鈸三通(くはつさんつう)」も行ないます。
  • 6. 僧侶が漢詩で故人の生前を表現し、松明で円を描く「引導法語」が行なわれます。
  • 7. 故人の仏性を祈願する「山頭念誦(さんとうねんじゅ) 」が行なわれます。
  • 8. 回向文を唱えて「出棺 」します。この時に、太鼓やハツを鳴らす「鼓鈸三通(くはつさんつう)」も行ないます。
Q. 曹洞宗の焼香の方法を教えてください。
A. お焼香は、1回目は右手でお香をつまみ額にいただき香炉にくべます。2回目は初めより少なめのお香をとり、香炉にくべます。合計2回です。

スポンサードリンク

■よく見られるページ

お布施の相場
Q. 通夜や葬儀のお布施の相場を教えてください。A. 通夜や葬儀のお布施の相場には、かなり幅があります。 平均的には、2日間の場合、20万円前後です。 相場は、15万円~50万円となっており、戒名や法名の種類によってもかなり幅が出てきます。お布施の相場の詳細はこちら

お布施 49日法要
Q. 49日法要のお布施の相場はどれくらいですか?A. 49日法要のお布施の相場は、3万円〜5万円程度だと言われています。 しかし、お布施に関してはあくまでも目安なので、包める金額で無理しないようにしましょう。お布施 49日法要の詳細はこちら

浄土真宗の葬儀
Q. 浄土真宗とは、どんな宗派なのですか?A. 浄土真宗とは、親鸞が開いた浄土教の一派です。 親鸞は、浄土宗の開祖の法然の弟子です。阿弥陀仏の力で万人が救われるという他力本願な考え方です。国内では、寺院も信者も一番多いです。浄土真宗の葬儀の詳細はこちら

寺院葬儀のデメリット
お寺のやり方に合わせなければいけない寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。寺院葬儀のデメリットの詳細はこちら

スポンサードリンク