寺院葬儀とは

スポンサードリンク

寺院葬儀とは

寺院葬儀とは 画像
スポンサードリンク

寺院葬儀とは、お寺で行なう葬儀のことをいいます。
菩提寺や昔からお世話になっているお寺、また同じ宗派の中のお寺に依頼して、本堂やお寺が指定する貸式場などで葬儀が行なわれます。

葬儀スタイルは、時代とともに多様化してきました。 昔は、地域で付き合いがある菩提寺やお寺で葬儀をするのが自然でしたから、寺院葬儀が当たり前だったのです。

しかし、最近は葬儀に対する様々なニーズや地域でのコミュニケーションの形の変化に伴い、葬儀社での斎場葬儀や家族葬、自宅での葬儀などが主流となっています。

中でも、家族葬のニーズが高く、心のこもった葬儀をお寺で行ないたいという希望も増えており、そうした中で再び、寺院葬儀の良さが見直されているのです。

ご先祖も供養していただいている菩提寺にて厳かに行なわれる寺院葬儀には、一般葬儀とは違った意義や重みがあります。

寺院葬儀は、必ずしも本堂で行なわれるのではありません。 本堂での葬儀もあれば、お寺が保有している貸式場で行なわれることもあります。

お寺の本堂には、そのお寺のご本尊を安置されています。 ご本尊は、宗派によって違います。 また、本堂の呼び方も宗派によって違います。

しかし、どの宗派も本堂に内陣と外陣があります。 ご本尊をお祀りしているスペースを内陣といい、参拝者のためのスペースを外陣と言います。

本堂での寺院葬儀は、そのお寺の檀家がメインとなり、それ以外の人は利用できないことがほとんどです。
檀家とは、そのお寺を支援している家のことを言います。
地域のお寺をお布施金により支援している家がありますが、つまりそれを檀家というのです。

檀家以外の人でも本堂で葬儀ができるかどうかは、お寺によって違いますので、
確認しておくとよいでしょう。

本堂での寺院葬儀が不可能な場合は、檀家以外も参列できる貸式場での
寺院葬儀もお寺によって選択可能です。
そのお寺が保有する貸式場で檀家や宗派を問わず行われるのが貸式場での寺院葬儀です。 お寺によっては、式場やホールを多数保有していることもあり、自由に葬儀スタイルを選べます。

スポンサードリンク

寺院葬儀 関連記事

寺院葬儀とは

寺院葬儀とは 画像

寺院葬儀とは、お寺で行なう葬儀のことをいいます。菩提寺や昔からお世話になっているお寺、また同じ宗派の中のお寺に依頼して、本堂やお寺が指定する貸式場などで葬儀が行なわれます。

葬儀会社の葬儀の違い

葬儀会社の葬儀の違い 画像

お寺が保有する式場にて寺院葬儀を行なう場合、葬儀会社の葬儀とよく似たスタイルになることもあります。そうしたことから、寺院葬儀と葬儀会社の葬儀との違いが分かりにくく感じられることがあるのです。基本的な違いは、寺院葬儀は家の宗派のお寺に依頼する葬儀で葬儀会社の葬儀は、葬儀会社に依頼する葬儀です。他にも違う点がいくつかあります。

寺院葬儀のメリット

寺院葬儀のメリット 画像

本堂には、もともと厳かな祭壇が用意されているので、最初から祭壇を用意する必要がなく、費用をかけずに厳粛な雰囲気の中、葬儀を行なえます。

寺院葬儀のデメリット

寺院葬儀のデメリット 画像

寺院葬儀は、家の代々の宗派の菩提寺やお寺で行なうため、宗派が限定されます。家の代々の宗派の人がメインで行なわれる葬儀になります。