寺院葬儀のデメリット

スポンサードリンク

寺院葬儀のデメリット

寺院葬儀のデメリット 画像
スポンサードリンク

メリットが多い寺院葬儀ですが、デメリットもいくつかあります。ここで、寺院葬儀のデメリットをご紹介します。

1. 宗派が限定される

寺院葬儀は、家の代々の宗派の菩提寺やお寺で行なうため、宗派が限定されます。家の代々の宗派の人がメインで行なわれる葬儀になります。

2. 仏式しかできない

もちろんですが、寺院で行なう葬儀なので仏式しかできません。服装や葬儀方法も全て仏式に基づくものとなります。

3. お寺が指定するの葬儀社を選ばなければいけない

お寺に依頼する葬儀であっても、葬儀全般のことをお寺が請け負うのではありません。納棺や出棺、生花やお食事などの手配は葬儀社が行ないます。そのための葬儀社は、自由に選べず、そのお寺が指定する葬儀社に依頼することになります。費用ややり方について不満があっても、葬儀社を勝手に選んだり変更することができません。

4. 駐車場の台数が限られている

お寺で行なわれる葬儀なので、お寺に大きな駐車場がない場合は、駐められる車の台数が限られます。車で来る参列者が多い場合、他で駐車場を手配しなければいけないケースもあります。もちろん、その費用も追加で必要になります。

5. お寺のやり方に合わせなければいけない

寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。

寺院葬儀のまとめ

このように、寺院葬儀にはメリットもデメリットもありますが、先祖代々の宗派を大切にしている家にふさわしい葬儀スタイルだと言えます。
様々な葬儀スタイルを選べるようになった時代だからこそ、自由度の低い寺院葬儀を窮屈に思ってしまう人もまだまだ多いのかもしれません。
しかし、家族葬が選ばれる時代でもありますから、その中での厳かな葬儀として、寺院葬儀を選ぶと心に残る葬儀を行えるはずです。
また、費用が比較的安いのに、本物のご本尊様や伝統ある本堂で葬儀ができるのでは寺院葬儀ならではのメリットです。

近くに菩提寺がない人は、家の宗派のお寺を探さなければいけません。
しかし、家の宗派を大事にした仏式を行ないたいのであれば、寺院葬儀がおすすめです。
家の方針や故人の考えなども大事ですが、参列者のことも考えた葬儀スタイルを選びましょう。

スポンサードリンク

寺院葬儀 関連記事

寺院葬儀とは

寺院葬儀とは 画像

寺院葬儀とは、お寺で行なう葬儀のことをいいます。菩提寺や昔からお世話になっているお寺、また同じ宗派の中のお寺に依頼して、本堂やお寺が指定する貸式場などで葬儀が行なわれます。

葬儀会社の葬儀の違い

葬儀会社の葬儀の違い 画像

お寺が保有する式場にて寺院葬儀を行なう場合、葬儀会社の葬儀とよく似たスタイルになることもあります。そうしたことから、寺院葬儀と葬儀会社の葬儀との違いが分かりにくく感じられることがあるのです。基本的な違いは、寺院葬儀は家の宗派のお寺に依頼する葬儀で葬儀会社の葬儀は、葬儀会社に依頼する葬儀です。他にも違う点がいくつかあります。

寺院葬儀のメリット

寺院葬儀のメリット 画像

本堂には、もともと厳かな祭壇が用意されているので、最初から祭壇を用意する必要がなく、費用をかけずに厳粛な雰囲気の中、葬儀を行なえます。

寺院葬儀のデメリット

寺院葬儀のデメリット 画像

寺院葬儀は、家の代々の宗派の菩提寺やお寺で行なうため、宗派が限定されます。家の代々の宗派の人がメインで行なわれる葬儀になります。