寺院葬儀のデメリット

寺院葬儀のデメリット

メリットが多い寺院葬儀ですが、デメリットもいくつかあります。ここで、寺院葬儀のデメリットをご紹介します。

1. 宗派が限定される

寺院葬儀は、家の代々の宗派の菩提寺やお寺で行なうため、宗派が限定されます。家の代々の宗派の人がメインで行なわれる葬儀になります。

スポンサードリンク

2. 仏式しかできない

もちろんですが、寺院で行なう葬儀なので仏式しかできません。服装や葬儀方法も全て仏式に基づくものとなります。

3. お寺が指定するの葬儀社を選ばなければいけない

お寺に依頼する葬儀であっても、葬儀全般のことをお寺が請け負うのではありません。納棺や出棺、生花やお食事などの手配は葬儀社が行ないます。そのための葬儀社は、自由に選べず、そのお寺が指定する葬儀社に依頼することになります。費用ややり方について不満があっても、葬儀社を勝手に選んだり変更することができません。

4. 駐車場の台数が限られている

お寺で行なわれる葬儀なので、お寺に大きな駐車場がない場合は、駐められる車の台数が限られます。車で来る参列者が多い場合、他で駐車場を手配しなければいけないケースもあります。もちろん、その費用も追加で必要になります。

5. お寺のやり方に合わせなければいけない

寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。

寺院葬儀のまとめ

このように、寺院葬儀にはメリットもデメリットもありますが、先祖代々の宗派を大切にしている家にふさわしい葬儀スタイルだと言えます。
様々な葬儀スタイルを選べるようになった時代だからこそ、自由度の低い寺院葬儀を窮屈に思ってしまう人もまだまだ多いのかもしれません。
しかし、家族葬が選ばれる時代でもありますから、その中での厳かな葬儀として、寺院葬儀を選ぶと心に残る葬儀を行えるはずです。
また、費用が比較的安いのに、本物のご本尊様や伝統ある本堂で葬儀ができるのでは寺院葬儀ならではのメリットです。

近くに菩提寺がない人は、家の宗派のお寺を探さなければいけません。
しかし、家の宗派を大事にした仏式を行ないたいのであれば、寺院葬儀がおすすめです。
家の方針や故人の考えなども大事ですが、参列者のことも考えた葬儀スタイルを選びましょう。

寺院葬儀とは

葬儀会社の葬儀の違い

寺院葬儀のメリット

寺院葬儀のデメリット

スポンサードリンク

■よく見られるページ

お布施の相場
Q. 通夜や葬儀のお布施の相場を教えてください。A. 通夜や葬儀のお布施の相場には、かなり幅があります。 平均的には、2日間の場合、20万円前後です。 相場は、15万円~50万円となっており、戒名や法名の種類によってもかなり幅が出てきます。お布施の相場の詳細はこちら

お布施 49日法要
Q. 49日法要のお布施の相場はどれくらいですか?A. 49日法要のお布施の相場は、3万円〜5万円程度だと言われています。 しかし、お布施に関してはあくまでも目安なので、包める金額で無理しないようにしましょう。お布施 49日法要の詳細はこちら

浄土真宗の葬儀
Q. 浄土真宗とは、どんな宗派なのですか?A. 浄土真宗とは、親鸞が開いた浄土教の一派です。 親鸞は、浄土宗の開祖の法然の弟子です。阿弥陀仏の力で万人が救われるという他力本願な考え方です。国内では、寺院も信者も一番多いです。浄土真宗の葬儀の詳細はこちら

寺院葬儀のデメリット
お寺のやり方に合わせなければいけない寺院葬儀は、葬儀のやり方などの全てをお寺に合わせなければいけません。葬儀社での葬儀では、利用者の意見を中心に聞いてプランやスタイルを組み立ててくれますが、寺院葬儀にはそのようなサービスがありません。お寺のやり方は、つまりその宗派のやり方に合わせるということになります。寺院葬儀のデメリットの詳細はこちら

スポンサードリンク